yamanoku.net アーカイブ

ネットで散見される問題提起記事について

created at:
この記事は公開から1年以上が経過しています。内容が一部古い箇所があります。

問題提起って何かと思われるのですが、簡単に言えば日本死ね!みたいなやつ。ああいうのがネットで問題視されてるのは正直聞き飽きてきたんだけど、(日本死ね!は極端だけど)あれらは危機意識を持たせるつもりなのか単に不安を煽ってるだけなのかみたいなのは感じていて僕はずっと後者の感覚でしか捉えられない。

結局そういった諸問題は本人たちがそうだからそこに意識が向くだけで、全員がそうなる訳ないし、建前は良くないって言っても当人だけでなんとかしろみたいなのが本音なんじゃないのかなとは思う。

たとえ子供が居ようが居なかろうが、誰かしらに不安に感じる要素はどこかしらあると思う。それは子供とかじゃなくても職場だったり人間関係だったり金の問題だったり色々。

それが誇大的に書かれたり煽る人間がいる結果おかしい方向に行ってるように感じていて、なんでそうしたいのかはイマイチ分からんけど、自分の中の価値基準はしっかりしないとなと気付かせてくれる。

って、そう考えるとクソ記事も自己形成に大事な存在なのかなとも思うし、やっぱり何が言いたいんだ俺はってなりますね。

アーカイブ記事のため、内容に関する更新依頼は受け付けておりませんが、誤字や脱字などありましたらご連絡ください。

この記事に関する修正依頼
アーカイブ一覧へ戻る